TULALA

Monstruo 610

静の釣りであるボトムでのラバージギング。

モンストロ71の開発者であるピーター氏が生み出した、
もう一つの掛ける為のカタチ。

よりダイレクトな操作感を求めて。

掛けるためには硬くなくてはならず、獲るためには曲がらなければならない。その相反する性質を完璧なバランスで融合させたモンストロ71。 そのコンセプトを受け継ぎつつ、よりラバージギングに特化し開発された竿がモンストロ610です。静の釣りであるボトムでのラバージギングに特化したこのロッドは、琵琶湖の南湖に広がる密度の高いグラスエリアと、北湖を中心としたディープエリアでのダイレクトな操作感を求めて開発が進められました。

「操作系の釣り」に特化したモンストロ。

ラバージグを機敏に動かし、ウィードを自在に切ることができ、しかもビッグバスの硬い上顎を瞬間的に貫くことが出来る硬いティップセクション。フッキングパワーをティップからバットへとナチュラルに移行させる為の、適度な張りのあるベリーセクション。そしてモンスタークラスのバスを軽々と引き寄せ、しっかりと曲がる驚異的なトルクを持つバットセクション。 それらを全て併せ持ち操作系の釣りに特化したロッドがモンストロ610です。

Detail

Staff Comment

日本最大の湖・琵琶湖のラバージグゲームにおいて、アングラーはフッキングやアクションを妨げる様々な要因とも戦わなくてはなりません。
例えば湖流によるラインスラッグ、またはナチュラルステイの為に生まれた任意のラインスラッグ。
この2つのラインスラッグをコントロールし、尚かつウィードが繁茂する状況下で、ゼロテンションの状態から100%のラインテンションに移行しフッキングを決めなければならないのです。
クイックで繊細なルアーアクションにおいても同様で、深い湖底に沈むラバージグをナチュラルに、時には素早くアクションを加え、アングラーの意のままにフッキングからランディングまでをより確実なものにする。
モンストロ610はそれらの要素に高次元に対応するために開発されました。
モンストロ71はジグを巻いて獲るための要素が詰め込まれたロッドであることに対して、モンストロ610はジグを自在に動かす「操作系の釣り」に特化したモンストロです。

Spec

ModelMonstruo 610
CodeRM610
ActionF
Length (ft)6'10"
Folded Length (cm)170
Rear Grip Length (cm)31.5
Rod Wt. (g)175
Mono Line (lb ,MAX)30
PE (# ,MAX)-
Cast Wt. (g)14~42
Price (¥ ,税別)39,800

TOP

Concept

Concept

Product

Product

Field Staff

Field Staff

Movie

Movie

About

About

Contact

Contact