News

2021.06.16

カテゴリー: / /

「コローナ120MHTC-HX」解説

画像3

 

 

タマン用のベイトロッドとして完成した、ツララのベイトシリーズ最長「Corona120MHTC-HX」
前田製作所×TULALAのガイドセッティング「ストローセッティングHD-DIV」を搭載し登場します。
タマン釣りをベイトキャスティングで行う、という点において、様々な問題や矛盾が立ちはだかり
それを年月かけて一つ一つ解消し、行き着いた答えのひとつがこのロッドです。

 

 

 

 

開発に置いて、まず念頭に置いたのは「軽いルアーを太い糸で遠くに投げる事」
真夏になり、タマンのハイシーズンを迎えると、底が見える程のシャローにタマンが上がってきます。
水中のスリットや穴に潜むタマン。ファイト時、根に潜ろうとするタマンの引きに耐えつつ、確実に
キャッチへ持ち込むには、3~4号のPEラインセッティングが必須となります。
その太さのラインで、14cm前後のミノーを出来るだけ遠くに投げるには、ベイトキャスティング
での釣りが理にかなっていたのです。

 

 

 

ロッド自体は、PE4号ラインで使うには弱いのでは?と感じる程に、しなやかなロッドとなっています。
しかし、このしなやかなブランクは、タマン釣りでメインに使うミノーの操作性や、バイト時のフッキング
精度を考慮し設計されたブランクです。

 

メインで使うルアーは14cm前後のミノーなど。
そのサイズのミノーは、使用するフックを太くし過ぎると、ルアーが動かなくなってしまいます。
そして、線径の太すぎるフックでは、タマンの硬く強靭な口ではフッキングしにくくなります。
線径の太すぎないフックを使い、確実にフッキングする為のしなやかさなのです。

 

 

 

 

更に言うと、テスト中のタマン釣りは、主にシングルフックを使用しています。
これは、フックの刺さりを深くし、線径の太くないフックでも曲げられないようにするといった意図があります。
シングルフックの場合、バイトからのフッキングは基本巻き合わせとなります。
巻き合わせが綺麗に決まるように、ロッド自体もしなやかで強すぎないブランクとなっているのです。

 

 

 

 

そして、このしなやかなロッドはなぜ、タマンの暴力的なファイトに対応できるのか。
やはりこのロッドに搭載されているガイドセッティングが大きな要因であると言えます。
「ストローセッティングHD-DIV」
リールから出たラインがエントランスガイドを抜け、すぐにロッドの裏側へ潜る(ダイブする)システム。
スパイラルではない、新しいカテゴリーのガイドセッティングです。

 

 

 

 

前田製作所にて発案されたこのガイドシステムは、元々はバーチカル専用のシステムでした。
ジギングなどには適したガイドセッティングであったこのシステムが、なぜロックショアの
キャスティングロッドにマッチしたのか。

 

このガイドシステムは、タマンの突っ込みにも負けず「ロッドが立てられる」システムなのです。
これは、長竿であることも理由の一つではありますが、何より下向きにガイドが付いていることで
ラインがガイドに与える力を逃がさず、しっかりと魚にパワーを伝えることが出来るのです。

 

 

 

ロッドを立てれば、バットまでしっかりとラインがガイドに乗るので、一気にフルパワーのファイトが可能になります。
これは、シャローでバイトしてくるタマンには大きなアドバンテージとなります。
ロッドが立てられると、ロッド全体に負荷が分散し、アングラーへの負担が極端に減り、リールが
しっかりと巻ける。これは、巻き合わせでのフッキングを確実にする効果もあります。

 

ベイトキャスティングでのメリットをもう一つ。
PE3~4号をスピニングタックルで組むと、どうしてもリールが大きくなり、そしてロッドも強靭になります。
真夏の磯で、大きなタックルを振り続けるのは過酷を極めます。
「Corona120MHTC-HX」で組んだPE3~4号のセッティングでは、そんなスピニングタックルより遥かに軽量化が
可能。加えて、ピンスポットへのショートキャストも楽になり、アングラーへかかる疲労を軽減します。
ベイトリールの場合、ルアーの巻くスピードを繊細に切り替えたりと、ルアー操作がやり易くなる点も
メリットとなります。

 

長いロッドでは、キャスト時に、ロッドのしなりによってどうしてもリールからラインが出るまでに
タイムラグが発生します。
このタイムラグがバックラッシュの原因となるのですが、「ストローセッティングHD-DIV」ではそれを解消。
タイムラグで発生する余分なラインの放出を抑え、長竿でのキャストをスムーズにすることが可能になりました。

 

 

 

 

右ハンドルの場合、ダイブの方向は左側となります。
ガイドが左側から回っているセッティングが「右ハンドル用」です。

 

 

 

 

タマンをメインターゲットに、長年試行錯誤を繰り返し開発された「Corona120MHTC-HX」
「長竿×ストローセッティングHD-DIV」にこだわりぬいて作られたこのロッドを
是非体感してみて下さい。

 

 

6月下旬頃、ツララWEBSHOP「エクストリームサブリナ」にて受注予定。
数量限定の受注生産となり、発送までおよそ1.5~2ヶ月ほどお時間を頂いています。
今回は釣具店様からのご注文も可能となっておりますので、もし気になる釣具店様がいらっしゃいましたら弊社まで問合せ下さいませ。

 

 

 

 

ツララ公式SNSも宜しくお願いします♪

【TULALA公式Twitter】

TULALA公式Twitter

【TULALA公式Facebook】

TULALA公式Facebook

【TULALA公式Instagram】

TULALA公式Instagram

※クリックでリンク移動できます。

 

タグ: / / / / /

TOP

Concept

Concept

Product

Product

Field Staff

Field Staff

Movie

Movie

About

About

Contact

Contact

Q&A

Q&A