News

2021.06.25

カテゴリー: / /

コローナ120MHTC-HXの特徴 by スタッフ樋口

i

 

 

こんにちわ、北海道の樋口です。

さて今回は先日アナウンスのありましたcorona120について自分なりの感想を綴っていこうと思います。

 

ショアタマンロッドとして開発された竿になりますが

私は海サクラ、ロックフィッシュを狙う際に使用しました。

今回はロックフィッシュ(アイナメ)メインでお話しさせていただきます。

12フィートと言う長尺と新たなストローセッティング HD-DIV

なんといっても最大の特徴はピンへの正確なアキュラシーキャストと、バットパワーをフルで活かせること。
これが一番大きいです。

 

 

 

 

アイナメは岩礁帯のスリットや昆布の中に潜んでいます。

そこから魚を引き出し、確実にキャッチするにはロッドのパワーが必須となります。

今回のコローナ120MHTC HD-DIVは、ロッドのパワーを最大に引き出せるガイドシステムというだけあって

根から魚を引き出しやすくなってると感じています。

そして12フィートのレングスだからこそ、ロッドを立てラインの角度をつけられ、ボトムトレースがやりやすく、

根掛かりを回避しやすいです。

また、ファイト時瞬発的にロッドを立て、魚を根から剥がすことも容易になります。

 

装着するリールは太糸を多く巻けるリールがベストです。

シマノだと300番といったところでしょうか…そのくらいのリールの方が持った時のバランスも良くなります。

太い糸で出来るだけ遠くに投げられるという点も、このロッドの特徴でもあります。

 

巻きの釣りであるショアタマンロッドとして生まれ出たcorona120ですが、

こういったボトムゲームでインプレッションしてみました。

今はネットショップのエクストリームサブリナや、釣具店でも注文が可能のようです。

 

コローナ120商品ページはこちら

 

このレングスとガイドセッティングが織りなす新たなロックショアスタイルフィッシングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

タグ: / / / / / /

TOP

Concept

Concept

Product

Product

Field Staff

Field Staff

Movie

Movie

About

About

Contact

Contact

Q&A

Q&A