News

2021.07.19

カテゴリー:

ツララのパックロッドシリーズなど。 by スタッフ岡林

77363486_1498951020256109_7571007584467943424_n

こんにちは。岡林です。

 

今日はツララのパックロッドシリーズの話を少ししてみようかと思います。

 

ブラックバスやライトゲーム、最近ではロックフィッシュなどを狙いに行くことが多いのですが、その際はモンストロやエルホリゾンテ、グリッサンドなどを使う事が多く、パックロッドが登場するシーンといえば、僕の場合は海外や国内の遠征などが多いです。
本格的な遠征でなくても、出張や旅行などにパックロッドを忍ばせる機会も少なくありません。
そんなパックロッドに関して、例えばの話。
どんな国に行っても、ずっとナニかを釣ってたい。
ってなったら、僕は6フィート後半のMLスピニングロッドをお供にすると思います。

 

 

ラインを細くしたり太くしたりすれば、スピニングタックルならば、ロケーションを問わず「なんとか釣りが出来る」
どんな国でも、何でも良いから釣っていたい。というならば、僕はこの条件が一番重要だと思っています。
そしてこれは例えばの話で、もちろんこんな状況には日本国内、海外でも基本的に陥ることはありません。
有難いことに、ターゲットに合わせた最適なタックルを、おおよそ釣り場に持っていくことが出来るからです。

 

 

が、この「例えばの話」
そもそも水があるかも分からないような旅先に、一本ロッド持って行っておけば、5cmくらいの魚からメーターオーバーの魚まで、何だって釣れてしまうかもしれない。
と思えば、それは大いに夢のある話だと思うのです。
パックロッドは、そんな夢を手軽に持ち運べるツールだと思っています。

 

 

そんな「夢」、すなわち旅において必要な汎用性を詰め込んだのが「ポルタメントシリーズ」
先ほど書いた、6フィート後半のMLスピニングロッドに近いのはポルタメント73
ではありますが、レングスが長い上にパワーもやや強いです。
大は小を兼ねる?とも言いますし、やや大寄りなのも頼もしいロッドですね。

 

 

そして、それより2パワーダウンなスピニングロッドが「ポルタメント200S」
ご存じ、ツララスタッフ森本氏プロデュースのロックンロールフィッシャーマンズロッドです。
こちらはバスロッドで言うLクラスの使用感。ではありますが、意外と粘り強く、しっかり曲がって魚を引き寄せてくれます。

 

 

ポルタメント200Sの前身「トラベルスピンライト200」は、僕にとっても思い入れの深いロッドです。
このロッドのお陰で睡眠時間は削られ、めちゃくちゃに日焼けし、手の甲のシワもちょっとだけ増えたような気もする。
それくらい、心底愛しているロッドってことなのです。

 

 

 

タイランドにある、通称「ビュッフェスタイル」なバラマンディの釣り堀。

 

 

 

釣ったバラマンディがキープOKの釣り堀である為、大勢の人がひしめき合います。
この中のバラマンディは、僕より頭が良いのでは?と思う程にセレクティブです。

 

スレスレなバラマンディ相手にライトなセッティングを余儀なくされるこんな現場も、このクラスのロッド一本あればなんとか立ち回れます。
※バラマンディは3kgくらいが楽しく釣れる限界。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのままの足で山奥に行けば、渓魚達が遊んでくれる。
こんなロケーションも遊べてしまうのは、いわばライトタックルの特権ですね。

 

 

 

 

 

 

 

これは、パプアニューギニアに渡航し、唯一ショアから手にした魚。
日本で言う「コトヒキ」の仲間でしょうか。
村から船を出してくれる人が朝寝坊して、待ちぼうけの時間に釣りした時の釣果。
こんな小さな一匹でも、人生において忘れられない一匹になるのが釣りの楽しいところですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、前回の続きであるヨーロッパのお話を少しだけ。

 

 

 

 

 

街中の水路でも、田舎の小川でも。
色んな場所に生息しているヨーロッパを代表するターゲット「ヨーロピアンパーチ」
通称:パーチ と呼ばれる人気のターゲットです。

 

 

釣り方はブラックバスに近く、ライトリグやプラグまで、様々な釣り方を楽しめる!
と、初挑戦の僕は同行者のスタッフ森本氏に教わりました。笑
確かに言う通り、あらゆる釣り方に反応があり、居着く場所などもブラックバスに近い。
ダートやトゥイッチにも反応が良く、場所によってはI字引きのようなアプローチも有効。
やればやるほどハマってしまう・・・。

 

 

 

 

 

最大サイズは40cm程のパーチ。
森本さんも同じようなサイズをキャッチしていました。
このサイズでも群れで入ってくるようで、一匹釣れたら同じサイズがもう一匹釣れる事も珍しくないそうです。

 

 

 

 

 

今や懐かしい2019年の釣行でした。

 

ポルタメント200シリーズのテストフィールドはヨーロッパ。
ですが、ヨーロッパのみならず、日本を始め世界で活躍できる汎用性を持ったシリーズだったりします。
僕も海外に行くときは御供する機会の多いシリーズ。
こんなご時世に言うのもアレですが、旅には持ってこいのシリーズです。
愛しの道具に魂を込めながら、自由に旅が出来る日を夢見続けようではありませんか。

 

出張や旅行がちょっと楽しくなるアイテムです。
気になった方はツララHPでチェックしてみてね。

 

ではでは。

 

 

【タックルデータ】
ROD:TULALA ポルタメント200S
REEL:シマノ2500番
LINE:PE0.8号⁺フロロ12b
LURE:2~3インチワーム⁺0.9gジグヘッドなど

タグ: / / / / / / / /

TOP

Concept

Concept

Product

Product

Field Staff

Field Staff

Movie

Movie

About

About

Contact

Contact

Q&A

Q&A