News

2021.07.07

カテゴリー: / / /

「ツララロッドでのビッグベイトシーバス」by 川村竜太

IMG_3414

 

ツララにはビッグベイトを扱えるロッドは多々あるのですが、僕が使用しているロッドやラインシステムについてお話させていただきます。
※ラインシステムについては、高知ということでアカメの存在も考慮しやや太めになっています。

 

 

 

 

 

 

 

まずは2oz〜3ozクラスのビッグベイトにはエルホリゾンテ80を使用。
適度なティップでアクション入力のし易さやフッキング率の高さ、柔よく剛を制すのコンセプト通り、バレやすいシーバスのエラ洗いや至近距離での突っ込みにも柔軟に対応してくれて魚を掛けてからの安心感もあります。
ビッグベイトではしんどいかな〜という状況でフォローでミノーなどを投げたくなっても扱いやすいです。
PEラインは3〜4号、リーダーは40〜70ポンドを使用。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3〜6ozクラスのビッグベイトにはモンストロ75を使用。
元々はブラックバス用で、ビッグベイトなど使用するのに適したロッドです。
そのため、クラッシュ9のリップレスやメガドッグなどの操作系ビッグベイトをフルキャストした先でもキビキビと動かしつつ、適度な曲がりでフッキングからランディングまで大型のシーバス相手でも不安なくこなしてくれます。
コノシロパターンなどでビッグベイトからジャイアントベイトクラスまで幅広く使いたい方には特にお勧めです。
PEラインは4〜6号、リーダーは50〜100ポンドを使用。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうしてビッグベイトシーバスをやり込み、徐々にルアーサイズをあげていくうちにジャイアントベイトの可能性を感じてコローナ80の開発に至りました。
まだ細かいスペックは決まっていませんが、気持ちよく扱えるルアーウェイトは4〜10ozあたりです。
PEラインは6〜10号を想定、リーダーは70〜150ポンドを使用。

 

 

 

皆様楽しみにしておいてくださいね。

ラインシステムについては過剰に太くするとルアーの動きが悪くなったりガイドトラブルにも繋がりますが、極力太めの設定がいいかと思います。

ベイトリールでは避けられないバックラッシュなどのライントラブル回避のため。
あとはストラクチャー周りへのきわどいキャストや強引なやり取りを強いられる場面で高価なルアーをロストすることなく攻める為のメンタル面で釣果に繋がることもあると思います。笑
あとは万が一のラインブレイクでビッグベイトのように大きいルアーを魚の口に残さない為にも。

飛距離はスピニングほどラインの太さの影響もありません。リーダーを太くすると食いづらくなるんじゃないかと気になるかもしれませんが、ルアーの存在感が強いのでそんなに気にしなくても大丈夫です。
これからビッグベイトシーバスを初めてみたい!
という人は是非チャレンジしてみて下さい!

タグ: / / / / / / / / / / /

TOP

Concept

Concept

Product

Product

Field Staff

Field Staff

Movie

Movie

About

About

Contact

Contact

Q&A

Q&A